首のしこりについて 首のこりとしわの解消とグッズとマッサージ方法

首のしこりについて

首のしこりがでるのは、リンパ節(腺)が集まる部位である後頭部の髪の生え際〜耳の前後〜首筋〜アゴにかけてのラインが腫れることです。

これらの首のしこりは比較的からだの表面に近く変化があると容易に分かるので病気の際の目安となります。

これは、体中をめぐるリンパ液に細菌が入り込んできたものをリンパ節(腺)で殺菌しようと白血球やリンパ球が集まるので、殺菌された細菌や白血球の死骸によってリンパ節(腺)が腫れ首のしこりとなるので、首のしこりがでるというのは細菌と身体が戦っている証拠なのです。

リンパ節(腺)で細菌との戦いが行なわれて首のしこりがある最中にも、扁桃腺が腫れていたり、口内炎があったり、皮膚に傷やとびひがあったりして、どんどん細菌が首のしこりである腫れたリンパ節(腺)の中に入り続けている状態が続くとリンパの腫れが大きくなってきて押したり触ると痛みを伴うほどになります。

ここまで首のしこりが大きくなると病院へ行ってちゃんと診てもらいましょう。

だいたい首のしこりは風邪が原因ですので数日間で治まってしまいますので、首のしこりがこれ以上ひどくならないように対処すれば治るようです。

しかし、首のしこりが深刻な病気が原因で起きている可能性もありますので、リンパ節(腺)が硬くなってきた、リンパ節(腺)の腫れの数が増えてきた、リンパ節(腺)の腫れがかなり大きくなった、首のしこりが大きくかなり痛みが出てきた、リンパが腫れて発熱を伴う状態が長引いている場合は、病院へ行ってみてもらって下さい。