首のしこりががんの場合も 首のこりとしわの解消とグッズとマッサージ方法

首のしこりががんの場合も

首のしこりが痛まないのに大きくなってきた場合。
首にしこりがあるのに他に目立った症状がない場合。
これは、かなり危険な病気のサインかもしれません。

首にしこりができる原因のリンパの腫れがおおく、リンパ節(腺)が集まる部位である後頭部の髪の生え際〜耳の前後〜首筋〜アゴにかけてのラインが腫れることが多いです。

これは、体中をめぐるリンパ液に細菌が入り込んできたものをリンパ節(腺)で殺菌しようと白血球やリンパ球が集まるので、殺菌された細菌や白血球の死骸によってリンパ節(腺)が腫れ、細菌と身体が戦っている証拠です。

一般的に、首にしこりができリンパ節が腫れるのはだいたい風邪の症状が原因であり、首のしこりとともに発熱や咳など他にも症状が出てきます。
しかし、首に異常なしこりや腫れが見つかる場合の大部分はリンパ節が大きくなったものであり、周辺器官への感染が原因ですので心配です。

というのも、首のリンパ節は、全身各所からがんが転移しやすい部位ですので、がんができたためにリンパ節が大きくなり首のしこりとなることもあります。
リンパ節自体ががんになる悪性リンパ腫の場合と、他の部分からがんがリンパ節へ転移した場合があります。
痛みのない首のしこりは悪性のおそれもあり、痛みのあるものよりも心配なので他に症状がないのに、首のしこりが数日たっても消えない場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。