首のコリを解消するには? 首のこりとしわの解消とグッズとマッサージ方法

首のこり解消について

首のこりは長時間座ったり、同じ体勢のまま作業するなどが原因で起こりますので、こりやすい人はなるべく意識的にこりをつくらない生活を心がけましょう。
首のこりを気にして、姿勢を正していると自然に首に負担がかからないようになり、肩や首のこりも軽減していきますが、それでも凝ってしまう人のために解消法をご紹介します。

肩や首のこりがおきやすい人は、目を使いすぎている場合が多いです。
ですから、首のこりをとるために眼精疲労を取る方法を紹介します。
目の疲れには、熱いおしぼりでまぶたの上から10秒程度のせます。
そして目の運動を。
目を開けて閉めして、目を開けるごとに見る方向を変えていきます。上、下、右、左と順々に繰り返します。
また、目の乾きが激しい人は、瞼を閉じていても効果はありますので、まぶたをとじで行ってください。

また、首のこりをとる方法には首のストレッチがあります。
肩を軽く上下させ、肩の力を抜いてリラックスしましょう。
また左回りに同じことをします。
大体一回りするのに30〜60秒かける感じで、ゆっくりと行うのがコツです。

腕をせいいっぱい伸ばして深呼吸をし、新鮮な空気を吸い込む方法もあります。これは立ってしたほうが良いのですが、座ったままでも効果はありますので、ゆっくり伸ばしてやったほうが無理なくやってみてください。

首のこりについて

たとえば、姿勢が少しづつ前のめりになり、頭の重さが首にかかっていきます。

これが負担になり、首のこりになっていくようです。

このとき、首のこりをすこしでもほぐすには、ストレッチを20秒ほど続けないと効果がないということらしいです。

また、腕を羽のように上下にパタパタさせるのも首のこり解消に良いと、以前テレビでも紹介されていたようです。

肩や首のこりが原因となり、後頭部の神経を圧迫し、偏頭痛になったり首のこりを放っておくと、頭痛をはじめ、快眠がとれなかったり、イライラが続いたりと、体調不良になやまされます。

ですから、パソコンを長時間使って、肩や首のこりをなるべくためないようにするには、首のこり取りストレッチを20分に1回づつやるようにしてください。

面倒くさいと思う人は、首のこりを解消するために、気がついたときだけでもまめにやるようにしたほうがいいでしょう。

首のこりから開放されて、仕事もプライベートも快調にいきたいですね。